「本当に歯が白くなる!!!」

と注目を集めるホワイトニングパウダーコナナノカ

私が今まで使ってきたペースト状のホワイトニング歯磨き粉では

全く落ちなかった黄ばみや汚れが落ちました。

 

でも「これって虫歯対策もできてるの?」

と時々疑問に思います。

実際に虫歯ができたわけではないのですが、

万が一が起こった後では手遅れになります。

そこで、コナナノカに虫歯対策の効果がないのか調べてみました!

 

虫歯対策調査!!

みなさんは虫歯がどのようにしてできているか知っていますか?

虫歯菌が歯の表面についた歯垢に棲みつき、酸を出します。

この酸によって歯に開けられた穴が虫歯の始まりです!

これを踏まえた上で、ホワイトニングパウダーで虫歯対策はできるのか見ていきましょう!

 

万能な成分「アパタイト」

虫歯菌の酸により、空いた穴を埋めてくれるのが「アパタイト」です。

アパタイトは人間の歯の主な成分で、

最近は優秀なホワイトニング成分として注目されています。

 

アパタイトには歯の黄ばみや汚れ、匂いを吸着するだけでなく、

虫歯菌が作った穴に入り、再石灰化する事で、空いた穴を埋める働きがあります。

 

さらに、細菌の吸着効果も確認されているので、虫歯予防にもOKなようです!

 

参考サイト:http://www.leifrasfutsal.com/

 

母の力「ラクトフェリン」

ラクトフェリンは母乳などに含まれる成分で、

抗酸化作用の他に抗がん作用、

強い抗菌活性を持つ事が確認されており、

虫歯菌の増殖を抑制する効果があるとまで言われているそうです。

 

参考サイト:http://www.kubokura-dc.jp

 

「パウダー」形状にも秘密があった!

ペースト状の歯磨き粉は、その形状を保つ為に

たくさんの添加物が使われて、成分の濃度が薄まっています。

 

それをパウダーにする事で添加物などの余分なものを使う必要がなくなり、

成分の濃度が保たれるそうです。

 

つまり、先ほども紹介したアパタイトやラクトフェリン本来の力が発揮され、

虫歯予防もバッチリ!という事らしいです。

 

また、先日掛かり付けの歯医者に聞いたところ、

虫歯の予防は普段の歯磨きを丁寧にすれば十分にできるそうです。

しかし、毎日完璧に磨くというのは難しいので、

歯磨き粉の使用をお勧めしているとの事でした。

 

実は私、コナナノカに虫歯対策効果があるとは知らずに購入していたので、

ちゃんとした「虫歯予防用歯磨き粉」と併用しようと思っていました。

でも、今回の調査でコナナノカにも虫歯予防効果があるとわかったので、

併用せずに時間とお金も節約できそうです!